顔の皮脂を適度に減らすには?

顔の皮脂が過剰に分泌されテカテカしてくる原因は、もともとの体質に加え生活習慣やスキンケアなど様々なことが関係しています。

 

皮脂 適度に減らす

大きく分けると2つの原因に分類されますが、これらをを見直していけば顔を洗ったあとからベタベタしてくるのを予防することができるのです。

 

まず1つ目に、食生活を含めた生活習慣によって、ホルモンバランスが乱れていることが挙げられます。

 

 

揚げ物やファストフード、お肉を中心とした食事を好んで摂取していると、どうしても栄養が偏り皮脂が多くなってくるため、食事内容を見直しビタミン類を摂取しながらバランスのよい食事を意識するようにします。

 

このほか睡眠不足運動不足などでストレスがたまっていても同様に、皮脂分泌は多くなりがちです。

 

質のいい睡眠をとれるよう生活スタイルを改め、時間があれば体を動かすようにするだけでもストレス発散へとつながるのはもちろん、日ごろからストレスを感じているときは発散できるよう自分なりの楽しみ方を見つけておくのもよい方法です。

 

毎日のスキンケアに問題はないですか?

 

2つ目の原因としては、毎日のスキンケアの方法が間違っていることが挙げられます。

 

皮脂を減らすには表面に見えるのを取り除けばいいと考え、洗浄力の強いクレンジングや洗顔剤などを使いゴシゴシ洗いしたり、ベタつくのがイヤであっさりタイプのスキンケアを続けていたりすると、肌の内側が乾燥するインナードライになることが多いです。

 

見た目はテカっていても内側には水分が足りなくなっているため、肌を守ろうとして必要以上に皮脂が分泌されてしまいます。

 

このことが皮脂の過剰分泌の原因となっている場合は、うるおいを残した洗顔を行い、しっかりと保湿できるスキンケアを心がけるようにします。

 

仕上げの乳液はベタつくイメージがあり避けたくなる人もいるでしょうが、化粧水だけでは使用後から水分が蒸発し、結果的にインナードライへと向かっていくので要注意です。

 

こういった原因を取り除いていくことで、次第に肌質が変化し保水力が高くなっていけばオイリー肌の改善につながっていきます。