顔の皮脂が気になった時の対策について

暑い時期などは汗もかくことが多く、とくにおでこや鼻先などがテカテカとしていているのが気になりますよね。

 

皮脂 対策

冬でも暖房が効いている部屋にいると、頬などは乾燥しているのに、お顔の皮脂が気になることがあります。

 

手っ取り早く気になる皮脂を抑えるのには、市販のあぶらとりがみを使うのが一般的だと思います。

 

 

気になるところに乗せて、手で抑えるだけで、余計な油をとってくれるので大変便利です。

 

あぶらとりがみは、しっかりメイクをした上からでも使うことが出来るので、気になる時は積極的に使ってみるのもいいです。

 

あぶらとりがみがないときは、ティッシュで気になるところを抑えるのも効果的です。

 

自宅などにいるとき、化粧直しが出来るときは、コットンに化粧水を含ませてから気になるところを抑えると、余計な油をとり、尚且つお肌の水分補給にも繋がります。

 

皮脂が多く出やすいときでも、お肌に栄養を与えることで、キメが整い、毛穴が開くのを防ぐので、皮脂の過剰分泌を防ぎ、結果としてテカりを抑えることにも繋がります。

 

乳液や栄養クリームを塗るのを控える方も多いですが、肌荒れが起こると、その肌荒れを治そうとしたり、お肌を外部からの刺激から守ろうとして、余計に皮脂を分泌するので、しっかりと栄養を与えるようにします。

 

汗や水に強いウォータープルーフタイプの化粧下地を使うことも、気になるテカりを抑えてくれたりします。

 

更にカバー力の強いファンデーションを使い、気になる場所にのせて抑えることで、顔の皮脂は気にならなくなります。

 

あぶらとりがみや、お化粧でテカりを抑えるのもいいですが、基本的には洗顔フォームでしっかりと皮脂を洗い流すことで、気になる肌のテカりを予防できます。

 

とくに、暑い日なんかは汗をかくことも多いので、しっかりと洗顔することも、対策の一つです。

 

また、着物の帯は丁度胸から下の位置をきつく締めますが、実はこの部分を締めることで上半身が汗をかくことを予防します。

 

とは言っても、普段の生活の中で私達が着物を着る機会も少ないですから、コルセットなどで代用するといいかもしれませんね。