洗顔石鹸を使うと肌が乾燥しやすくなるのか?

近頃は、ネット通販を中心に、本当に様々な洗顔石鹸が世の中にあります。

 

特に泡立ちを強調した洗顔石鹸も大人気ですね。

 

洗顔石鹸 乾燥

実際に、私もいくつか試してみましたが、いくつかの洗顔石鹸では、肌に透明感や美白効果を感じられるものもあり、洗い上がりも突っ張らない石鹸もありました。

 

そんな洗顔石鹸ですが、中には、「洗顔石鹸を使うようになってから、余計肌が乾燥するようになった」というご意見もあるようです。

 

 

そもそも、乾燥肌対策として、洗顔石だけでなく化粧水を使っている方も多いはずです。

 

商品的にも、洗い上がりがしっとりとして、乾燥しないような謳い文句の洗顔石鹸もあります。

 

それなのに何故?洗顔石鹸で肌が乾燥するという声があるのでしょうかか?

 

まず、一般的に、石鹸の泡立ちはアルカリ性によるものが大きいです。

 

もう一つは、合成界面活性剤を使っているケース。

 

商品名は、石鹸ですが、上記のことを踏まえるとちょっと違うように思います。

 

こういった石鹸は、肌の汚れを取るという事では、意味があるのかもしれませんが、本来肌に必要な水分まで取りすぎてしまうことはあると思います。

 

たとえば、シャンプーもそうですね。

 

頭皮の界面活性剤などが取りすぎてしまう状態です。

 

ただ、この場合、肌の油分を洗浄によって取りすぎることで、人間の体は、肌を守るため、過剰に油分を分泌するようになり、オイリー肌になったりする人もいます。

 

このあたりは、その人の体質等の兼ね合いもあり、乾燥かオイリーかは変わってくるでしょう。

 

今回の洗顔石鹸で乾燥するケースは、洗顔石鹸そのもの以上に洗顔後のケア方法が乾燥の原因だったりすることのほうが多いと思います。

 

そこで、洗顔石鹸を選ぶ際の、第一のポイントとしては、「敏感肌でも安心して使えるか?」

 

そこを重要視して下さい。

 

乾燥肌になりがちな人は、敏感肌でもあったりしますので、やはり肌に刺激の少ないものを選ぶことは必須です。

 

そう考えれば、洗顔石鹸以外の洗顔商品も検討されたほうがよいかもしれませんし、洗顔石鹸でも、低刺激の肌に優しい商品も、ありますので、そちらを選びましょう。

 

ちなみに、最近人気の洗顔商品で、花綸肌潤(かりんきりん)というものがあります。

 

こちらの、かりんきりんは、当サイトでも推奨させて頂いており、特徴としては、潤いを奪いやすい洗顔を、肌を保湿するためのお手入れに変えるというく画期的な洗顔料ということです。

 

※アットコスメの洗顔フォーム部門で口コミランキング第1位にもなりました。

 

花綸肌潤(かりんきりん)は、洗顔ジェルになりますので、、洗顔石鹸ではありませんが、乾燥肌が気になる方には、石鹸よりこちらをお勧めいたします。