気になるにおいの原因は洗顔方法にもある?

顔の臭いの原因は、皮脂の酸化である事を、他のページ<顔の皮脂の臭いが気になる>にてお伝えしておりますが、その臭いの原因の一つに「洗顔方法」が関係している場合があることをご存知でしょうか?

 

近頃は、実に様々な洗顔石鹸も発売されており、どれを選んでよいか悩むほどです。

 

ネットの口コミなどでも、泡立ちの良い洗顔石鹸は大人気です。

 

もちろん、汚れを綺麗に落として、肌にも優しいというタイプが一般的で、あなたもすでにお試しかと思います。

 

しかし、洗顔石鹸は良いものを選んでいても、洗顔方法まで気を配っていらっしゃるでしょうか?

 

実は、洗顔方法にまで気にしていないという方が多いようです。

 

落とせていると思っていても、実は落ちていない汚れって、案外あるものです。

 

中途半端に汚れや、必要以上に皮脂が残っていると、徐々に臭いの元になっていきます。

 

しかし、自分では、きちんとケアしていると思っているので、そんな状態になっているなんて気が付かないものなんです。

 

test

 

「毎日、洗顔もしているのに、なんか顔の臭いが気になるな・・・」という方は、この機会に洗顔方法を見直してみましょう。

 

通常、多くの方は、朝と夜に洗顔を行うかと思います。

 

当たり前のようなこの朝晩の洗顔も、1日過ごした後と、朝起きた時では、状況が違うはずです。

 

まずはここから意識してみる必要があるのです。

 

 

 

夜であれば、メーク落とし、汚れ落としとしての洗顔になりますので、帰宅後はなるべく早めに、クレンジングと洗顔を行いましょう。

 

1日の汚れを落とすわけですから、ここは念入りに行いましょう。(洗顔後の保湿ケアは忘れずに)

 

反対に、朝の洗顔は、比較的、肌の皮脂の分泌も少ない状態にありますので、ぬるま湯での洗顔でも十分なんです。

 

※皮脂自体は分泌はされていますので、朝の洗顔は必ず行ってください。

 

お湯の温度は、一般的な人の体温と同程度の、35度〜36度くらいをお勧めします。

 

なので、朝から洗顔石鹸でゴシゴシ洗う必要はありませんよ。

 

逆に、油分が落ちすぎて、皮脂が過剰に分泌してしまい、臭いの原因になってしまいますので・・・。

 

これだけでも、状況は変わってくるはずです。

 

そもそも、人間の肌には、「自浄作用」というものがありますので、空気中に舞っている埃や少々の汗くらいは、ぬるま湯の洗顔でも十分に落とせます。

これだけでも、肌トラブルが大きく改善されたというかたも少なくありませんので。

 

 

そして、皮脂対策という観点で見れば、「Tゾーン」の汚れはきれいにおとしましょう!

 

小鼻の汚れは、ただでさえ残りがちです。

 

丁寧かつしっかり汚れをおとしましょう。

 

そして、洗顔ではありませんが、皮脂の過剰分泌を抑えるという意味では、メークは短時間で、薄目に仕上げるのも需要です。

 

そこも意識してみてはいかがでしょうか。